隣地購入する際の購入価格について(買い手側からアプローチ)

買い手からアプローチしたということは、なんらかの理由によって隣地が欲しかったからでしょう。その結果、

「売ってもいいよ」

となったのですから、これはすごくラッキーなことです。

「隣地が出たら言い値で買いなさい」

という言葉もあるくらい、隣地が買えるのはレアなケースです。購入することによって、買い手側になんらかの大きなメリットが出るのは間違いないのでしょうから、売り手側にこちらの足元を見られて、法外な金額を叩き付けられていないのであれば、予算内である限り購入価格はあまり気にしない方がいいでしょう。

→→→ 「隣地を買いたい」「隣地に売りたい」 ご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

隣地購入の記事

不動産活用コンサルタント