マンション高層階のデメリット

マンション高層階のデメリットには以下のようなものが考えられます。

  1. 災害時エレベーターが止まった時
  2. 暑い
  3. 低層階に比べ割高

1.災害時エレベーターが止まった時

震災の際、エレベーターが止まり、入居者が多大な不便を強いられました。せいぜい7,8階までであれば、何度か階段で下へ降りることも考えられますが、10階以上となるとそう何度も・・・というわけにはいきません。

2.暑い

解放感があり、陽当たりが良いということは、その分暑いということを意味します。熱気も上へ上へと溜まっていくので、冷房効率も良くありません。

3.低層階に比べ割高

一般的には、同条件であれば階が上へ行くほど割高になります。

メリット・デメリットは表裏一体です。

マンション高層階のメリット

という記事も併せてご覧ください。

→→→ マンション購入のご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを買うの記事

不動産活用コンサルタント