マンション低層階のデメリット

マンション低層階のデメリットには以下のようなことが考えられます。

  1. セキュリティ
  2. 陽当たり・眺望・解放感
  3. 通風・風向
  4. 通行音が気になる

1.セキュリティ

イメージとして、やはり1階だと防犯面を気にする人が、特に女性に多いです。

2.陽当たり・眺望・解放感

傾斜地に建つマンションで、1階が隣家の2階屋根に相当するのであれば話は変わってきますが、1階、2階で抜群の陽当たり、眺望、解放感を感じるマンションはほとんどありません。

3.通風・風向

周りを建物に囲まれていると、程度にもよりますが、やはり空気の流れは滞ります。

4.通行音が気になる

生活道路に面していると、車の通行音や話し声などが聞こえます。

メリットとデメリットは表裏一体です。

マンション低層階のメリット

という記事と併せてご覧になってください。

→→→ マンション購入のご相談依頼はこちら(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを買うの記事

不動産活用コンサルタント