土地活用 駐車場経営(コインパーキングの注意点その1)

コインパーキングを始めるにあたって、オーナーが負担する初期費用はありません。しかし、それには契約期間満了という前提があります。

コインパーキング事業者によって契約期間は異なりますが、多くは2年、3年です。例えば契約期間2年で、初期費用として100万円がかかったとします。2年の契約を満了すれば、オーナーの負担は当然ゼロです。しかし、契約満了まで1年を残して解約したいとなると、当初かかった費用の半分50万円がオーナーの負担となるのです。実際はこんなに簡単に割り切れるものではないですが、 考え方は上記の通りです。

その他、コンクリート敷設費用がかかりますが、借り手に負担を依頼することもできます。費用はかからなくなりますが、その分、賃料が安くなるデメリットが生じます。

事業者によって条件は多少異なると思いますが、 多くはこのような内容で契約を行うことになるので、 オーナー都合で解約した際の、 条件は必ず確認するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

土地活用の記事

不動産活用コンサルタント