土地活用 駐車場経営のデメリットその2

駐車場経営のデメリットの一つとして、

「節税効果が小さい」

ことが挙げられます。

以下の適用条件を満たせば、相続税評価額は2分の1になります。しかし、それ以上の節税効果はほとんどありません。賃貸経営であれば、不動産会社に支払う管理料や手数料、設備不良の際の修繕費、入退去後のメンテナンス費用など、考えられるだけでこれだけありますが、駐車場経営には運営に伴う出費がほとんどないからです。

<適用条件>

  • 必ずしもアスファルトやコンクリート敷きにする必要がある訳ではないが、砂利敷きのままだと、砂利の量や敷き詰め方により適用外になることがある。
  • 適用されるのは200㎡まで。超えた敷地については適用外となる
  • 継続性のある駐車場経営を営んでいること
  • 駐車場の「体」を取っただけで、実際に貸出の事業を行っていないのであれば適用外
このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

土地活用の記事

不動産活用コンサルタント