ローン返済途中のマンションを売る方法(その2)

ローン残高が残っている段階でマンションを売るために、下記の2点を確認したかと思います。

  1. 残債(*ローン残高のこと)
  2. 査定金額

2.の査定金額が仮に3,500万だったとしましょう。1.の残債が3,000万ならば(*査定の金額が「正確」という前提ならば)売却が可能です。売却にかかる諸経費を払ったとしても、現金が手元に残ります。

反対に1.の残債が3,500万で、査定金額が3,000万ならば、売却してもローンを完済することはできません。足らない500万を別途どこかで用意してこない限り、売却することはできません。

ただ、査定金額というのはあくまでも予想であり可能性が高いか低いかだけの問題です。2.の査定金額が3,000万だったとしても、3,000万でなければ売れない、という訳ではないし、3,000万なら絶対に売れる、と確定したものではありません。

2.の査定金額が3,000万だったとしても、3,500万以上で市場に出して、売れれば結果オーライなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを売るの記事

不動産活用コンサルタント