マンションを売るときにかかる費用(抵当権抹消費用)

マンションを売るときにかかる費用の一つして、抵当権抹消費用があります。

住所変更登記と同様、登記費用の一つです。金融機関から融資を受けると、その不動産には抵当権という権利がつきます。簡単に説明すると、債権者が強制的に不動産を売却できる権利です。金融機関は、抵当権をつけてもらう替わりに、お金を貸すのです。つまり、返済が滞ると、金融機関は抵当権を実行して強制的に売却(*競売)し、貸したお金を回収するのです。

当然、そのような権利がついた状態で、買い手に所有権移転することは出来ませんから、所有権移転登記をする前に、抵当権を抹消するのです。その時にかかる費用が、抵当権抹消費用です。

住所変更登記とおなじく、費用は3万円程度ですが、抵当権が2つ3つ付いている(*借入先が複数あること)と、かかる費用も増えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを売るの記事

不動産活用コンサルタント