基礎控除(きそこうじょ)<相続税>

例えば現金5,000万を父親が所有したまま亡くなった場合、相続人である妻と息子は5,000万分の相続税を払わなければいけないのかというと、そういうわけではありません。3,000万プラス相続人1人につき600万控除できる基礎控除という制度があります。この場合、3,000万プラス相続人は妻と息子の2人なので1,200万。合計4,200万が控除されます。

つまり、5,000万から4,200万を引いた800万に課税されるのです。

平成27年1月1日に基礎控除額が今の額に改正されたことにより、一部のお金持ちが対象に過ぎなかった相続税が、都内に自宅を持っているだけで課税対象者になる可能性が増えてしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント