Q 相続税があがるので心配です。現金を不動産に変えておくと良いと聞くのですが、なぜですか?

A 不動産の評価額は固定資産税評価額だからです

例えば現金で7,000万持っていた場合(*解説を分かりやすくするために、基礎控除のことは考えません)、資産はそのまま7,000万と考えられます。

ところが不動産の場合、7,000万で買った不動産の価格が7,000万の評価になる、という訳ではありません。区役所や都税事務所で取得できる評価証明書という書類で、不動産の評価額が分かります。

市場で取引される金額と比べ安いことがほとんですが、「え!?7,000万の不動産を買ったのに5,000万の評価しないの?」とショックを受ける必要は全くありません。むしろそうなるからこそ、現金で持っているより、不動産に変えていた方が相続税が安く済むといわれる所以です。この評価額は3年間ごとに評価替えがされるので、景気の動向によっては3年周期で若干の変動はあります。

このように現金と不動産がバランスを取っている「わけではありません」

このように現金と不動産がバランスを取っている「わけではありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

Q&Aの記事

不動産活用コンサルタント