一括査定サイトの使い方

以前から私は、一括査定サイトには否定的です。当社にも「参画しないか」と、話が持ち込まれることが多いですが、そのつもりは全くありません。なぜ否定的なのかは、「不動産の一括査定をおススメしない理由」という記事に書いているので、もし良かったらそちらの記事をご覧になってください。

査定

ただ、否定的ではありますが、利点は一つだけあると考えています。一括査定サイトを利用された方ならお分かりかもしれませんが、情報を入力するとすぐさま複数の不動産会社からひっきりなしにアポイントの連絡が入ります。

「当社に査定させて下さい!」

と。査定だけならどんどんやってもらっていいのですが、困ったことにどこの不動産会社も、まずは会いたがります。

「会えばなんとかなる、どうにかできる!」

と考えている不動産会社はいまだに多いものです。1件1件会っていたら時間がいくらあっても足りません。なので、どこの不動産会社とも合わずに、まずはざっくりと査定金額だけ聞くようにしてください。

「お会いして物件を見てからでないと、正確な査定価格を出せないので・・・」

と食い下がってくるところもありますが、そんなのは無視しましょう。マンションであればマンション名と階数、間取り、土地・戸建であれば住所を伝えればある程度の査定価格は出せるものです。会えないとなると、急にやる気をなくし、撤退する不動産会社もいくつか出てきますが、やる気のない不動産会社をふるいにかけられるので、それはそれで良いことでしょう。

そのような対応を続けていくと、複数の不動産会社が出した査定価格が把握でき、上記のとおり、不動産会社のやる気も測ることができます。会社によって査定価格にでっこみひっこみは当然ありますが、平均値を取ればそれなりに間違いのない査定価格が算出できます。ざっくりと価格を知るだけであれば、それで十分なレベルです。

そのような使い方をするにおいては、一括査定サイトの有効性はあると私は考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産売却の記事

不動産活用コンサルタント