空き家管理サービスを開始しました

この新聞はちょっと前の記事ですが、最近になり空き家問題が様々なところでクローズアップされてきましたね。個人的にこの問題には以前から興味を持って動向を見ていました。

空き家管理

オーナーからコンサルティング依頼を受け、空き家や使っていない不動産の活用方法について相談を受けると、

「売るべきでしょうか?」

「それとも貸すべきでしょうか?」

と、二者択一になってしまうことが多いです。私自身、そうしたオーナーの悩みを解決することが仕事なのですが、オーナーさんの事情や心情を聞いていくと、

「売るべきでも貸すべきでもない」

「あえて何もしなくて良い」

という物件も当然出てくる訳です。そうなるとオーナーさんに提案する回答が、売るか貸すかの二者択一、どちらかしかないと、回答は「ベスト」ではなく、「ベター」になってしまいます。。

「今は使わないけど、いつかは子供が使うかもしれない」

「家族の思い出の家を売るのは忍びない」

「だけど賃貸経営は煩わしいからしたくない」

「人に貸すために行うリフォーム費用が捻出できない」

売るか貸すかしないといけないことは分かってる。わかっちゃいるけど出来ない、もしくはあまりしたくない。表面上は違うと装っても、内心ではこのように考えている人は多いし、既に売った人、貸してる人の中にも多いです。

何もせず放置することによって生じる自分達家族や、周辺環境へ与えるデメリットを説明し、今後のことを踏まえ、どちらかに選択(売却or賃貸)を迫るのも、我々のような人間の役目なのかもしれません。

ただ、個人的なことを言わせてもらうと、ベストではなくベターな回答を提示することは、私自身すごいストレスを受けます。売るでも貸すでもない、あえて、

「何もしない」

という第三の選択肢があってもいいのではないか、と。

そんなことを考え続けたここ1,2年。ようやく「あえてなにもしない」という、第三の選択を受け入れるための、当社の新しいサービス「空き家管理」が出来上がりました。

ただ問題の先送りに過ぎないのかもしれません。だけど、空き家を第三者に管理されることで、オーナーさん自身、物件のことを気にせず、冷静に今後を考える時間が出来、ご家族が

「こうしよう!」

と思ってもらえる時間を作り出すことが出来たら、それは誰にとっても良いことだと思うのです。もちろん、今回の空き家の管理という方法以外にも、選択肢はたくさんあると思います。でも、まずはここから!出来る範囲から少しずつ、当社はオーナーさまに提案できる選択肢をこれからも増やし続けていきたいと思います!

全てはオーナー様のために!よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

空き家管理の記事

不動産活用コンサルタント