世田谷区内の分譲マンション。入居者募集と売却の並行活動

とあるマンションオーナーが、転勤のため住まなくなったお部屋を賃貸に出していた。当初は比較的順調に入居者が決まっていたが、ここ数年は入居者が決まっては出てを繰り返すようになり、空室のことが多くなった。空室リスクや退去後のリフォーム作業の持ち出し金額が大きくなってきたことから、入居者が退去したのを機に売却を検討。

ただ、入居者が決まればそれに越したことはないということなので、入居者の募集と売却活動を並行して行うことをご提案。結局、ご縁があり今回は買って下さる方が見つかり、無事成約となった。

賃貸、売買と2つの異なるジャンルを分けることなく、オーナーさまの意向を最大限組み入れ、柔軟に対応したことが好結果につながった。当社の最も得意とする案件でもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

取引実績の記事

不動産活用コンサルタント