Q 所有している分譲マンションを貸しに出そうと思いますが、注意するべき点を教えてください。

A 事業主、経営者としての認識を強く持つことが重要です

「しばらく使わないから」

「少しでも収入の足しになれば・・・」

賃貸経営を思いついた当初の理由はこうしたことかもしれません。しかし、住まいを提供する対価として賃料をもらうということは、それはもう立派な事業であり「賃貸業」というビジネスオーナーです。物件の大小は関係なく、人に貸す以上、事業主・経営者という意識を強く持つ必要があります。

一昔前のオーナーが持ちがちだった、

「部屋を貸してやってるんだ!」

という「上から目線」でふんぞり返ってできる簡単な事業ではありません。いまや完全な借りて市場、探そうと思えばいつまでも探し続けることが出来るほど、市場には物件があふれています。その中で選ばれる物件になるためには常に顧客ニーズを掴む努力や、今いる入居者に退去されない快適なサービスを提供することなど、行うべきことはたくさんあります。

どんなに小さくても事業主になるのです。「貸す」という行為を安易に考えて良い事はありません。事業主としてそれなりの覚悟が必要でしょう。また、賃貸経営のメリットだけでなく、デメリットをしっかりと説明できる不動産会社に依頼することも重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

Q&Aの記事

不動産活用コンサルタント