世田谷区内賃貸マンションの敷金トラブル解決事例

貸主の主張:6年間の契約の3年目に壊れたシステムキッチンを交換。3年後入居者は退去したが、使い方があまりにひどく敷金は全額返したくないと主張。

借主の主張:確かに綺麗に使っていたとは言いがたいので、多少の出費は了承する。しかしまったく帰ってこないというのは納得できない。訴えることも検討。

貸主へのアドバイス:現在の敷金というものの考え方、入居者が保護されやすいという現状を説明。訴訟になると貸主の立場は弱く、全額返金などということにもなりかねない。そうなってしまう前に、双方納得できるラインで解決するべきとアドバイス。

借主へのアドバイス:訴訟になった際の金銭・肉体・精神的な負担と、それによって取り戻せる実質的な金銭を考えると、そこまでする必要が果たしてあるか?感情的にならず冷静な判断が必要。双方納得できるラインで解決するべきとアドバイス。

その結果、互いに納得した金額を返金することで解決に至った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

取引実績の記事

不動産活用コンサルタント