新築分譲マンションと不動産仲介会社の営業マンの違い

新築分譲マンションの営業マンが売る商品は一つ。不動産仲介会社の営業マンの商品は多数、となります。扱う商品は同じ不動産でも、仕事のやりかた、お客様との接し方は全く違います。分譲マンションの営業マンは、自社の商品を買ってもらってなんぼです。一度モデルルームに来店し、

「この物件はパスしよう」

と決めたお客様が、再度モデルルームに来訪することは全くのゼロではないですが、可能性としては多くありません。つまり断られたらそこで終了です。商品が一つしかないというのは、お客様と長期的な関係を築きづらいのは確かです。

「その商品が良いか悪いか?イエスかノーか?」

必然的に、営業がどぎつくなってしまうのは致し方ないのでしょう。お客さんに断られないように長々と話を伸ばし、どうにかして買ってもらえるように、もしくは再度来店してもらえるようにがんばります。その無駄ながんばりが、物件を見て既に「ノー!」結論を出してしまったお客さんにとっては無用なものとなります。そうした行為が行き過ぎると、

「なかなか帰してもらえない」

「無理矢理買わせようとした」

と、消費者センターに駆け込まれるネタになってしまうのです。

一方、不動産仲介営業マンはどうでしょう。問い合わせがあった物件を、無理に勧めて、どぎつく営業して買ってもらう必要はありません。もちろん、問い合わせがあった物件をすんなり購入してくれたら、それに越したことはありません。ただ、最初に問い合わせがあった物件を気に入らなかったとしても、似たような条件の他の物件を紹介することで、お客さんと長期的な関係を築くことが出来るのです。どっちが良い悪いの話ではなく、「その次がある」という面があるかないかで、こうもアプローチが違うという話です。

知識レベルで考えてみても、同じ商品ばかり扱っていては、その商品についての深い知識を得られるかもしれません。しかし、どちらがより幅広い不動産知識を身に着けられるのかというと、間違いなく不動産仲介会社の営業マンに軍配が上がると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

不動産購入の記事

不動産活用コンサルタント