指値(さしね)

例えば5,480万の物件に対して、買い手から「5,200万だったら買うよ」と交渉が入ってくること。いわゆる業界用語。株取引なんかでも使われることがあります。

<使用例>

不動産会社 「(5,480万の物件に対して)申し込みがありましたが、200万の指値が入ってきています」

一般消費者が使うことはほとんどないので、不動産会社から上記のようなことをサラッと言われたとしても、「はあ?」となること請け合いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

さ行の記事

不動産活用コンサルタント