Q 売主が売却中にやってはいけないことはなんですか?

A 自ら物件をアピールし過ぎるのは避けるべき

みなさんも経験があるかもしれませんが、今のお客さんは商品を押しつけられることを非常に嫌います。売主が物件をアピールするということは売りたいからであり、どれだけアピールされたとしても、買い手にとっては押し売りされているように感じてしまいます。

売主にとっては色々な思いの詰まった不動産で、気に入ってるところや便利な点、伝えたいことは山ほどあるかもしれません。しかし、内見にきた買い手の前ではおとなしくしておいた方が賢明です。お客さんに質問されたら答える程度に思っておくのが一番良いと思います。

不動産会社の販売手法に口を出し過ぎてはいけません

売却物件に自信を持っている売主に多いのですが、販売開始後、自分が思ったような結果が出ないことを、不動産会社の怠慢に結び付けてしまう人がいます。そして「ああしてくれ」「こうしてくれ」とあれこれ販売手法に口を出してくるのです。

 

口出しする

 

売れない原因が、単純に金額が相場に合っていない場合もあるし、タイミングかもしれません。もともと需要がそれほど多い地域ではないかもしれないし、成約に至らない理由を上げたらきりがありません。

そうした状況の中で不動産会社としてはベストのパフォーマンスを発揮できるように努力しています(いるはず)。しかし、売れないのを一方的に職務怠慢とみなし、営業手法にあれこれ口を出してしまうと、不動産会社の担当も人間です。面白いはずがありませんし、「面倒な売主だな」と思われてしまいます。

依頼者と受託者といった関係だったとしても、不動産の売却は不動産会社と売り手との共同作業でもあります。売主が不動産会社に下手に出る必要はまったくありませんが、「こっちが客なんだ!」「さっさと結果を出せ!」と上から目線で相対することだけは極力控 えるべきです。あまり細かいことや一生懸命動いている不動産会社の行動を批判しても良いことはありません。

選んだ会社の動きはしばらく静観しましょう。

参考記事 売主が出来ることはありますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

Q&Aの記事

不動産活用コンサルタント