元利均等・元金均等(がんりきんとう・がんきんきんとう)

住宅ローンの返済方法のことです。

<元利均等>

返済当初はほとんど利息になります。頑張って何年も返しても元金はほとんど減ってません。ただし、月額の返済金額は元金均等よりも少額なので、無理のない返済プランを組むことが出来ます。

<元金均等>

返済額に占める元金の割合が一定で、元利均等と違って確実に元金を返していくことになります。ただし元金以外に利息が乗っかりますので、当初の返済金額はかなり高額になります。多少無理しても早く元金を減らしたい人には良いかもしれません。総返済額は当然、元金均等の方が少なくなります。

上記のようにそれぞれメリットデメリットがありますが、元金均等はいわゆる「125%ルール」というのが適用されませんので注意が必要です。返済の「125%ルール」というのは、どんなに金利が上がっても、5年間は返済金額が変わらず、5年後の見直しの際にも、125%以上にはなりません。

例えば元利均等で月10万円の返済とすると、いくら金利が上昇しても125,000円以上には5年間はならないということです。ここ10年変動金利はほぼ横ばいで、一気に金利が上がることはあまり考えられませんが、こうした話を聞くと元利均等で借りる方が多いのが現状です。金融機関によって元金均等を扱えないところもあるので、良く調べておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント