賃貸併用住宅のススメ

自宅と賃貸用の部屋が一つになった住宅のことをいいます。敷地内に自分の家族以外の住人がいることになるので、嫌がる人は当然いると思いますが、デメリットを理解した上で、割り切ってしまえばなかなかのメリットを享受することができます。

金融機関で融資を受けるのであれば、入居者が決まれば、月々の返済金額が大幅に減りますし、プランによっては利益が出ることさえあります。それを原資に、ある程度まとまったお金を毎年作って繰り上げ返済を行えば、早々に返済できる可能性もあります。

融資の条件は銀行によって違ってきます。建物面積の3分の1は住宅でなければいけないとか、想定賃料の7割まで、年収に加算できるとか色々です。もちろんデメリットもあります。

  1. 通常の住宅ローンよりも金利が高い
  2. 完成直後は賃料収入を期待できない
  3. 人に貸す以上、立地の難易度は上がる
  4. 貸主としての責任も発生

などが挙げられます。

賃貸併用住宅を建てれば万事オーケーと言う訳ではありません。今のお客さんニーズを備えた間取りや設備、適正な賃料から返済計画を良く検討しないといけません。思いつきで進めて良いものではありません。しかし資産形成の一つの手段として、検討の価値は非常にあると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

賃貸経営の記事

不動産活用コンサルタント