個人信用情報(こじんしんようじょうほう)

個人信用情報というのは、その人の過去の借り入れや、返済状況・滞納履歴などが書き込まれています。個人信用情報を扱う機関はいくつかありますが、銀行の審査の際、対象となるのが、

  • 全銀協
  • シーアイシー
  • 日本信用情報機構

という3つの機関です。

金融機関は、融資の申し込みがあった際、年収や勤務先の表面上の情報ももちろんですが、個人信用情報に記載されている、過去・現在の借入状況や、返済履歴・事故歴などを見て融資可否を決めます。つまり、年収がふんだんにあり勤務先が優良企業だったとしても、

  • 過去に滞納を繰り返していた
  • ブラックリストに載った
  • 破産したことがある
  • 消費者金融でお金を借りた

など、どれかに当てはまると、その時点で「アウト」の可能性が非常に高いです。

個人信用情報は個人でも有料で取ることが出来ます。これから不動産を買おうとしている人で、過去に怪しいふるまいをしたことがあるかもしれない人は、一度取ってみたらいいですよ。

 

credit_record_jic 【日本信用情報機構】
日本信用情報機構は、テラネットが、全国信用情報センター連合会(全情連)から事業譲渡を受け、2009年4月からスタートした新しい信用情報機関です。
credit_record_jba 【全国銀行個人信用情報センター】
このセンターは、全国銀行協会が設置・運営を
行っている個人信用情報機関です。
credit_record_cic 【CIC】
日本クレジット産業協会と全国信販協会が母体の信用情報機関。4億件を超す精度の高い個人情報を有している事でも知られる。
credit_record_ccb 【CCB】
外資系のキャッシング会社等は、日本の信用情報機関を利用できなかったため、自ら信用情報機関を立ち上げた。
credit_record_fcbj 【全国信用情報センター連合会】
全情連は、全国33の個人信用情報機関の連合体であり、個人情報保護法に基づく、金融庁認定の個人情報保護団体でもあります。
credit_record_teranet 【テラネット】
全国信用情報センター連合会の情報が参照できる2000年にできた新しい信用情報機関。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント