オーナーチェンジ

所有者が人に貸して賃料収入を得ている物件を、そのままで状態(賃借人が入居中のまま)売却すること。入居者が退去したあとでなければ住むことは出来ないので、購入者は賃料収入を手にする目的(投資用)で購入する。

また、入居者が住んでいるので、購入前に室内を確認することは基本的に出来ない。ただし、入居者の同意があれば可能。

上記のような理由のため、オーナーチェンジ物件は一般の居住用の物件に比べ、流通性が低くく割安なことが多い。

そのため入居者と立ち退き交渉を行い、退去してもらってからリノベーションして、居住用不動産として売却を考える買取業者や、退去後に自宅として使う目的で購入する人もいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

あ行の記事

不動産活用コンサルタント