共同仲介(きょうどうちゅうかい)

物元業者と客付業者が共同で、一つの取引をまとめることを、「共同仲介」といいます。

契約書と重説は、売主と媒介契約を結んでいる物元業者が作成することがほとんどです。物件を販売するにあたり、色々と調査をしているからです。契約前に重要事項説明を行うのも、契約書の読み合わせなど、契約の場を取り仕切るのも、一般的には物元業者のことが多いです。

P3020575

取引を「共同」で行うという意味なので、後にトラブルになったとしても、客付業者も仲介責任を逃れることは出来ません。他社の作成した書類が元で、トラブルになってしまってもつまらないので、客付け業者としても、自社で作ったのと同じように綿密なチェックをすることが求められるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産活用コンサルタント