オーナー様の利益を最優先する不動産活用コンサルタント「不動産活用コム」

  • 03-5707-7650
  • 受付時間 9:00〜18:00 水曜日 定休

不動産業者は名実ともに「士」業になったので、自覚を持つべきです。

「数字だ、数字!」

 

と日々、営業成績を追い求める不動産業者はたくさんありますし、

不動産業者の求人などを除いてみると、

 

「高額歩合」

 

というのを一つの売りにしている会社が多いです。

企業として売り上げをあげていくことは当然です。

 

不動産業者に限らずどこの企業でも、

会社に利益をもたらした社員にはそれなりの対応をしていますし、

そうしていかないと優秀な社員がいなくなってしまいますからね。

 

しかし不動産業界の場合、

この高額の歩合制が色々な所でゆがみを産んでいる気がします。

歩合制を完全に否定するつもりはありませんが、

「契約」に歩合の価値を置くことが問題だと思ってます。

 

語弊があるかもしれませんが、

 

「不動産業者に数字を求める感覚はいらないんじゃないか?」

 

と最近極端な考えをもちつつあります。

目の前の仕事をしっかりと、

きちんと完了させることに専念し、

その成功報酬として売り上げが発生することが正常なのでは?

 

不動産仲介業っていうのは、

今現在社会的な地位はそれほど高くないかもしれません。

しかし感覚的には弁護士や税理士、司法書士と同じいわゆる

 

「士業」

 

に当たると思ってます。

*実際、宅地建物取引主任者は、

宅地建物取引士となりました。

難易度は他の士業と比べて低いですが(笑)

 

業務内容も社会的地位も全く違うので、

冗談みたいな比較になりますが、

もし仮に弁護士や司法書士、税理士なんかが

 

「今月数字が足らない!」

「もっと数字を!」

 

とか言ってたら相談する気、

なくなりません(笑)?

 

そうした「士業」的感覚を持って日々業務を行っている不動産業者は、

まだまだ少ないですが存在します。

本当にお客さんに満足してもらえる仲介を行う不動産業者が、

今後もっともっと増えていくには、

仲介としての考えをお客さんに対してどんどんアピールしていくべきでしょうね。

Pocket

よく読まれている記事

  • きねや不動産
  • 空き家管理センター
  • 賃貸物件情報
  • 不動産活用コンサルタント 楯岡悟朗
ページのトップへ戻る