買取業者(かいとりぎょうしゃ)

不動産を買い取ることを事業とする不動産業者のこと。買った不動産に付加価値を付けて転売し、その差額を利益とする。マンション、土地、戸建て条件が合えばなんでも買う業者もあれば、

  • 「土地だけしか買わない」
  • 「築の古いマンションがメイン」
  • 「再建築不可の土地しか買わない」

というところもあり、買取業者のなかでもその取扱いは細分化されている。買った不動産をどのようにして売るかは、物件の種別によって以下のように分類される

【 土地 】

  • 整地して土地売りにする
  • 新築の建売住宅とする

【 戸建て 】

  • 建物を解体し土地売りとする
  • 建物を解体し新築の建売住宅とする
  • リノベーション戸建てとして売る

【 マンション 】

時間がかからずにすぐ現金化出来るが、時間がかかっても良いから高く売りたいという希望を持つ売主さんには不向き。地方物件や再建築不可。売却に時間をかけられないなど、物件や売却理由に特殊性がある場合には有効。

「買取業者?安いんでしょ?」

と買取=安い、と決めつけている人がいますが、必ずしもそうとは限らないのです。一般消費者より高い金額で買うこともあります。買取業者から提示された金額が高いのか安いのかは、売却を依頼している不動産会社が今までの販売状況や、お客さんの動向などをちゃんと報告しているのであればある程度把握できるはずです。そのときには検討しても良いと思います。

買取業者は、一般の買い手であれば必ずつけられる瑕疵担保責任を、免責にしてもらえたり色々融通が利くことも多々あります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

か行の記事

不動産用語集の記事

不動産活用コンサルタント