仲介業者(ちゅうかいぎょうしゃ)

不動産業の主要業務の一つである、仲介をメインに行う業者のこと。

「物件を買いたい」

というお客さんの条件を聞き、該当する物件を紹介・案内し、取引をまとめるのが買主側の仲介業務(客付

「物件を売りたい」

というお客さんの、売却のお手伝いをするのが売主側の仲介業務(物元

取引をまとめた成功報酬として、仲介手数料がある。売主側、買主側、両方の仲介を行うことも可能で、取引をまとめることが出来れば、仲介手数料は双方からもらえる(両手)。

仲介業者に必要な資質とは「恐怖感」を持つこと

不動産売買の仲介をする際は大きな金額を扱います。ダイナミックでそれだけにやりがいを感じますが、反対に恐怖感もあります。売主や買主は不動産を買うこと・売ることによって、人生を転回させようとします。万が一そこで失敗などしようものなら・・・と考えると怖くて怖くて・・・。ビビって仕事が出来なくては困りますが、恐怖を感じないというのもまた問題です。背後にそうした恐怖感があるからこそ、きちんと仕事をしようとするわけです。

駆け出しの頃、とある物件の決済がありました。売主・買主さん双方ご高齢で、あまり細かいことを言ったりする人たちではありませんでした。決済当日、買主のおばあちゃんが、銀行印と通帳を持ってくるのを忘れてしまい、慌てて自宅まで取りに戻りました。無事お金を振り込むことは出来ましたが、法務局が開いている時間に所有権移転の書類を持ちこむことが出来ずに、翌日改めて移転登記手続きをすることになりました。私はやれやれとのんきに考えていたのですが、事務所に帰り責任者に報告したところ、大激怒されました。

「もし売主が悪意を持って、誰か第三者に登記を入れていたらどうするんだ!?」

「お金払ってるのに(*買い手に)所有権移転が正常に行われなかったら、お前は責任を取れるのか!?」

と。ことの重大性を初めて認識して青ざめる私。売主さんの人柄から、そのようなことは絶対にするはずないと思っていましたが、やはり心配です。

「か、仮登記なんて入れてないですよね?」

なんて間抜けな質問をすることなど出来ないので、じりじりと翌日まで不安な気持ちで待つしか出来ません。この時程、翌朝が待ち遠しいと思ったことはありませんでした。無事移転手続きが出来たと報告があったときは、身体の力が一気に抜けて、一日仕事にならなかった位です。

人一人の人生を狂わせることってなかなか大変ですが、不動産取引においては起こりえてしまいます。その可能性を考えると、やはり携わる人間のモラルや人間性はもとより、恐怖感を持っておくことが仲介業者には何より大切なのではないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

た行の記事

不動産用語集の記事

不動産活用コンサルタント