物元(ぶつもと)

売主と媒介契約を交わし、物件の売却依頼を受けた不動産会社のこと。

  • 物件の調査
  • 図面作成
  • 各種媒体への情報発信
  • 契約書、重要事項説明書の作成
  • 売れない場合の価格変更の提案

内容としては以上がメイン業務。専属専任専任媒介で受けていれば、売主側からの仲介手数料は最低限確保出来るので、どこの不動産業者も物元になりたがる。ただ、現状は資本力のある大手か準大手にいきがち。

物元業者(特に専属・専任)は取引を左右する司令塔。他業者が誰よりも早く買付を出していたとしても、物元業者が見つけてきたお客さんがあっさり優先されたり、自分のところのお客さんの結論が出るまで、案内をさせてもらえなかったりするので、悪い言い方をすると独裁者のよう。囲い込みを行うのは物元業者。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

は行の記事

不動産活用コンサルタント