マンションの低層階、高層階、どちらが住みやすい?

上記3サイトに配信される記事の取材を受けました。取材テーマはタイトルの通り、

「マンションの低層階、高層階、どちらが住みやすい?」

というもの。今までざっくりとした考えしか持っていませんでしたが、取材を受けることで、自分の考えを整理する大変良い機会になったことは確かです。だいぶ以前に配信された記事ですがリライトを機会に再度ご案内します。インタビュー記事はこちらからご覧になることができます。

1.マンションの低層階に住むメリット、デメリット、それぞれについてお教えください。

<メリット 関連記事→→→『マンション低層階のメリット』>

  • 上層階に比べて涼しい、金額が上層階に比べて安い
  • 専用庭、災害時避難が容易、すぐに外に出れる、下の住民を気にしなくてもよい

<デメリット 関連記事→→→『マンション低層階のデメリット』>

  • セキュリティ、陽当たり、眺望、解放感の有無、通風、通行音が気になる

2.マンションの高層階に住むメリット、デメリット、それぞれについてお教えください。

<メリット 関連記事→→→『マンション高層階のメリット』>

  • 陽当たり、解放感、眺望、資産価値、再販時に有利、通行音が気にならない

<デメリット 関連記事→→→『マンション高層階のデメリット』>

  • 災害時エレベーターが止まった時など、暑い

3.マンション選びについて、「何階に住むか」という判断、決定は重要なものでしょうか。その理由もあわせてお教えください。

(上記のようなメリット・デメリットがあるので)重要

関連記事→→→『マンションで「何階に住むか?」という重要性

4.最近の20~30代、40代前半ぐらいの方々がマンションを選ぶとき、低層階と高層階のどちらが人気でしょうか?たとえば「若い年代は高層階を好む」など、感じられる傾向はありますか?

20~30代 特に女性が低層階1階を拒む傾向はあり。セキュリティ面で40代前半 上階にステイタスを感じる男性が多いように感じる

5.低層階に住むか、高層階に住むかは、それぞれの好みにもよると思われますが、階を選ぶときにはどのようなことを参考に(あるいは基準に)考え、決めればいいでしょうか。

金額との兼ね合い。1階より2階より3階の方が金額は高くなる。1階を基準にして金額を上乗せするだけの価値があるのかどうか?を冷静に判断するべき。例えば2階にしたところで眺望や解放感など、目線が変わっただけで1階と状況がほとんど変わらないのであれば、1階の方がお得。

関連記事→→→『マンションの低層か?高層か?を選ぶ際の判断材料

6.マンションを選ぶ際(とくに、何階に住むかを決める際)に、覚えておくとよいこと、心がけるべきことなど、プロのご立場からアドバイスいただけることがありましたら、ぜひお願い致します。

  • 大災害があったあとなので、エレベーターが止まった際の避難経路を確認すること。古いマンションだとスキップフロアと言って、エレベーターが止まる階と止まらない階がある。
  • 1階だからといって最初からはじかない。思っていたより気にならないことも。そうなると金額もお買い得。
  • 晴れの日、雨の日に見る。

関連記事→→→『マンションの低層か?高層か?を選ぶ際、心がけること

震災時に高層マンションのエレベーターが止まって避難できなかった、ものすごく揺れた(実際テレビの映像でも観た)、ということを誰もが体感(実感)したので、高層マンションのデメリットが、(個人的には)非常に目についた気がします。

きっとあのような大災害が起きなければ、高層マンションのデメリットを考えたり、今回のようなテーマで「どっちがいい?」なんて検討したりすることはなかったのかもしれません。何かのご参考になさってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

マンションを買うの記事

不動産活用コンサルタント