住宅用家屋証明書(じゅうたくようかおくしょうめいしょ)

国が定める耐震基準を満たしていることを証明する、市区町村が発行する書面のこと。この書面があると所有権移転時にかかる登録免許税が安くなる。

「国が定める耐震基準を満たした居住用の住まいを買うんだから、税金安くしてよ」

ということ。適用条件は、建物面積及び専有面積が50㎡以上であることと、耐火建築物(鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造)であれば・・・「建築後25年以内であるか、国土交通大臣の定める安全性基準に適合すること」。耐火建築物以外(木造)であれば・・・「建築後20年以内であるか、国土交通大臣の定める安全性基準に適合すること」

その物件が「耐震基準適合証明書」を取得できていれば、「国が定める安全性基準に適合すること」に当てはまる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

さ行の記事

不動産活用コンサルタント