法(のり)

photo

つまりこういう状態を「法(のり)」、もしくはこういう状態である土地を「法地(のりち)」といいます。土地に何らかの加工(*切り土、盛り土)を行わなければ、崖地・傾斜地の部分は使えません。

土地面積が広い割には安い物件というのがあると思いますが、土地の半分が(崖地)だった・・・なんてことが良くあります。通常、販売図面に「有効宅地面積は○○平方メートル」「土地面積の○○%が法となります」という記載がありますが、小さな文字で書かれていることもあり、ひどいものはその記載がないこともあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

な行の記事

不動産活用コンサルタント