取引態様(とりひきたいよう)

不動産取引に、不動産業者がどういう立場で携わっているのかを示すもの。以下の3種類があります。

  1. 媒介(仲介)・・・売主(貸主)、買主(借主)の仲介業者として
  2. 売主・・・・・・・・・不動産業者が売主ということ
  3. 代理・・・・・・・・・売主業者のように振る舞うけど、あくまでも売主の代理

取引態様に絡むトラブルで、不動産業者が免許を取り消されることもあります。たとえばこんなケース。

「物件の購入希望者がいないにもかかわらず、希望者がいると不実のことを告げて媒介契約を締結。その後転売利益を取得することを目的として売買代金を減額させた上で、取引態様を媒介(仲介)から売主に変更し、自ら買主として売買契約を締結した」。

詳細の記事はこちらです。

→→→ 業界新聞からのニュースを読み解く

このエントリーをはてなブックマークに追加

楯岡悟朗が毎週お届けする無料のメールマガジン
「教養」としての不動産取引
メールアドレスを登録して購読できます。
読者購読規約
>> バックナンバー
 
250_bana 不動産活用コンサルタント
03-5707-7650

無料メルマガ登録

「教養」としての不動産取引


読者購読規約
>> バックナンバー
 

不動産活用コラム

不動産活用コム メニュー

楯岡悟朗 著書

関連リンク

よく読まれている記事

た行の記事

不動産活用コンサルタント